債務整理についての詳細など


by stitch1014

債務整理「個人民事再生」

「個人民事再生」って堅苦しい言葉ですよね。
「再生」という言葉があるとおり、
やり直そうという気持ちがより強い人に向いている、
債務整理の方法かもしれません。
心当たりのある方・・・
読んでいってくださいね!
債務整理「個人民事再生」


個人民事再生は、2000年4月にスタートした
比較的新しい法律制度です、
自己破産と同じく、裁判所を介して行う
債務整理の方法の一つです。
どのような制度なのでしょう?
個人民事再生とは


個人民事再生を裁判所に申し立てるときに、
住宅資金特別条項という制度を利用すれば、
マイホームを残したまま債務整理ができます。
住宅資金特別条項とはなんでしょうか?
住宅資金特別条項とは


民事再生の手続には,再生計画が認可される基準の違いから,
小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類があります。
それぞれの手続きの詳しい説明をします。
< 小規模個人再生 >
小規模個人再生ができる人
・ 支払い不能に陥る可能性がある
個人民事再生 小規模個人再生


< 給与所得者等再生 >
給与所得者等再生ができる人
・小規模個人再生ができる人の条件を満たしている人
・サラリーマンや公務員など、給与等の定期的に安定した収入があり、
 かつ変動幅が小さい人
 (目安は年収ベースで20%の変動がないこと)
個人民事再生 給与所得者等再生


どちらを選ぶかは、あなたの謝金や資産状況を見て、
弁護士や司法書士が、適切なアドバイスをくれるでしょう。
ここでは、一般的にどのように
判断していくのかを説明します。
給与所得者等再生が利用できるのは、
定期的収入を得る見込みのある人です。
小規模個人再生と給与所得者等再生どちらを選ぶ?


【 メリット 】
・ 破産のような資格制限がない
保険外交員など、破産をすると
職を失ってしまう人には適した債務整理の方法です。
・ 免責不許可事由がある方でも利用可能
浪費やギャンブルによる借金で
免責を受けられない人でも利用できます。
個人民事再生のメリットとデメリット


個人民事再生の費用は
他の債務整理のなかでも
最も費用がかかります。
・個人民事再生 自分で申し立てを行う場合
【 裁判所へ払う費用 】
収入印紙 1万円
予納金  1万2000円程度
郵便切手 債権者の数による
債務整理『個人民事再生』の費用
[PR]
by stitch1014 | 2010-01-06 16:17 | 債務整理